見分けるためにもまずは症状チェック!油断は禁物統合失調症

統合失調症という病気

統合失調症という心に病気についてですが、その名前自体は近年はインターネットなどで、頻繁に目にすることもあるかと思います。
日本では、2002年までは分裂症という名前で呼ばれていました。
分裂症という言葉は以前、スキゾ(分裂)、パラノ(偏執)、といったワードと共に流行したのを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

さて、分裂症から話を戻しますと、統合失調症とは、こころナビによると、精神の機能が働かない状態とのことです。
喜びや怒り、悲しみ、楽しみ、つまり喜怒哀楽の感情を通常であれば我々人間は備えています。
そして我々は思考、判断から行動を起こしますが、これらはすべて脳内のネットワークが司っているのです。
これがなんらかの原因によって、脳がそれら一連の処理を正常に行えなくなってしまう状態が統合失調症です。
そのようになると、様々な脳内の処理機能が著しく低下してしまうので、そこにあるはずのないものが見える幻覚や、本来人がいない場所で声が聞こえたりなどの幻聴が起こったり、興奮状態などに陥ってしまうのです。
これら様々な症状の中でも、妄想や幻覚をともなうものを陽性症状といいます。

そしてこれらの他にも陰性症状というものがあります。
陰性症状には、意欲低下や自閉、無気力といった症状として現れます。
さらには、現実に臨機応変に対応することができなくなる、認知機能障害があり、統合失調症の症状は、陽性症状、陰性症状、認知機能障害という3つに大きく大別されると言われています。

治療にはエビリファイなどの抗精神薬、メジャートランキライザー(強力精神安定剤)が主に用いられます。

こころナビでは、無料の診断・テスト・症状チェックが行えるのでもし不安であるようなら、調べてみるとよいでしょう。
もちろんこころナビ以外にも、無料の診断・テスト・症状チェックが行えるサイトは多くあるので、様々な診断・テスト・症状チェックを試してみるのもよいかもしれません。

統合失調症について詳しく調べる